数%は現金化業者の利益に

最近、インターネットなどで、「現金化」って言葉を目にすることが多くなっているのですが、現金化ってどんなものなのでしょうか?
この現金化についてちゃんと知っている人もいるでしょうが、反対に知らない人もいると思いますので、簡単に仕組みを紹介したいと思います。
人間というのは、社会で生活をしていくためには、お金・通貨というのは必要不可欠な存在です。
お金がなかったら、支払いをすることもできませんし、買い物をすることもできません。
以前は物々交換をしていたものですが、現代社会の場合は、どんな国で合ってもお金が必要なのです。
このお金を無限に持っているという人はこの世にいません。
働いているとはいえ、給料だって限りがあるものです。
そこで、お金が無くなってしまって、必要になった時に現金を貸してもらうシステムがあります。
例えば、銀行や消費者金融、クレジットカード会社から融資をしてもらったりします。
これは無償でお金を貸しているわけではありません。
いずれの金融機関であっても、利益がなくてはしません。
だから利息というものがあるわけです。
クレジットカードの場合は、ショッピング枠があります。
このショッピング枠を使って買い物をして、その買い物をした金額の何%かをキャッシュバックしてもらうというのが、現金化となっているのです。
なお、購入金額を全額キャッシュバックしてもらえるというわけではありません。
購入金額の92〜96%程度だと考えてください。
クレジットカードの現金化は、現金化業者に依頼をするのですが、現金化業者も利益がなくてはサービスをしないわけです。
購入金額の数%が、現金化業者の利益になるわけです。

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP